ひぇーっ,疲れた。煙も勢いよく出てるし,そろそろあおがなくていいかな,おじさん。
チャコちゃん,今の煙の温度は?
50度でーす。
じゃああと25度上がるまであおごう。もう少しだ。こら,泣くなアラン君。
煙が目にしみたんですよ。女の子の前でエエカッコするのもつらいなあ,もう2時間もあおぎっぱなし・・・でもおじさん,なんであと25度なの?
あと25度で75度だろう?その温度になったら窯の中がじゅうぶん熱くなったというしるしなんだ。これは大事な温度だから覚えておいてね。まずはそこまで行かないと炭やきにならないんだよ。アラン頑張れ!根性の見せどころだぞ。
あ,ごめん。温度を測る場所を間違えてた。正しい位置は煙突の出口から10cm下のところだったわよね。煙はもう75度になってるわ。
やったー!これで自由の身だぁ。
よくやったな,アラン君。だけど喜ぶのはまだ早いぞ。煙突から出る煙をよく見てごらん。温度計をもったチャコの手が透けて見えるだろう?向こうが透けて見えるということはまだ水蒸気が少ないということだ。窯の中がじゅうぶん熱ければ水蒸気がたくさん出るはずだ。チャコの手が見えないくらい濃い水蒸気の煙が出るまであと少しだ,頑張れ!
くそー,なんかだまされた感じ。こうなったら誰にも文句言われないくらい水蒸気たっぷりの煙を出してやるー!
炭化、始まり

炭化、始まりの中ごろ

(1)口焚き