炭はできたけど,これっていい炭なの?
チャコちゃん,ぼくを疑うの?いい炭に決まってるじゃないか!
こらこら,ケンカしないで。そもそもチャコちゃんのいういい炭ってどんな炭のことかな?
備長炭のようにキンキンの硬い炭のことよ。
じゃあ炭どうし叩いてみればいい。キンキンの音がすれば確かにみんなが言ういい炭だね。備長炭は1200度くらいの高温でやくからあんな音がするけど,伏せやきでもねらしをしっかりかけた炭なら結構いい音がするはずだよ。ビデオで音を聞いてごらん。
こっちの炭はキンキンの音がしないよ。どうしよう〜・・・
その音がしなくても手で折れるんなら炭になってる証拠だ。川の浄化や畑に入れるにはこの炭でいいんだよ。つまり,これも環境に「いい炭」なんだ。例えば柔らかい炭ができたとしても,畑に入れるには砕きやすいし中性に近いから,硬い炭よりもいいくらいなんだよ。
お水をおいしくするのはどっちがいいの?
お風呂,ご飯,飲み水に使うにはやっぱり硬い炭の方がいいね。でもただ硬いだけじゃなくて,電気を通すかどうかが大事なんだ。それを調べる器具がホームセンターに売ってるから,やいた炭を調べてみるといいよ。電気抵抗が10〜100くらいならOKだ。

それを調べる器具 導電テスター,導通チェッカーなどの名前で電気製品やコンセントの故障を調べるためのもの。安いもので2000〜3000円で買える
電気抵抗 記号はΩ。電気の流れにくさを表す。数字が小さいほど電気が流れやすい。
炭の見分け方

音、電気

熱帯魚の炭