を押してごらん。炭化の工程がみれるよ。
煙が中でぐるぐる回って全体をあっためている。275度以上の部分が上から少しずつ増えて炭になっているときだ。この時間が一番長い。煙は酸っぱいようなツンとする匂いから、辛いようなのどがひりつくような煙になっていく。色も真っ白から少し黄色っぽく変化していくんだ。真っ白は水蒸気の色。黄色は木(竹)酢液の色だ。黄色っぽくなるということは煙の中の水蒸気が少なくなって、木(竹)酢液の割合が増えてきたということだね。つまり炭材がだいぶ乾燥してきたということだ。こうなったらもう少しで青い煙に変わるよ。