を押してごらん。炭化の工程がみれるよ。
窯の一番下の温度が350度以上あれば、三つの成分が全部分解し終わって、すべて炭になってるということ。このとき、煙はすっかり甘くなって、煙の中で手をこすっても水分がつかないくらい乾いてるはず。そしたらネラシを終えよう。炭化終了だ。ただし煙の温度は300度以上あるからヤケドしないようにじゅうぶん注意してね。もし煙の匂いがまだ酸っぱかったり辛かったりしたらまだ完全に煙成分が抜け出ていないということだから、すっかり甘くなるまでネラシをかけるのが硬い炭をやくコツだ。でもあまりネラシをかけすぎると上の方が灰になっちゃうからほどほどにね。