炭琴の音色を聞こう

うーん。美しく澄んだ音色だ。
(評論家のように言うアラン)
アラン。この音色美しいだろう?(聞き入る)
これは、備長炭という炭で作った「炭琴(たんきん)」と言うんだ。
備長炭?隣の焼き鳥屋さんに書いてあったよ!
よく知ってるね。
備長炭は、火持ちがよく温度調整がしやすいし、なにより、とても美味しく肉や魚が焼けるんだ。さらに、備長炭は非常に硬いという特徴も持っている。窯から炭を出すとき「カランコロン」と美しく澄んだ音がするんだ。
これに「炭を楽器にしては?」と備長炭の炭やき名人、木下伊吉おじさんが気づいたんだ。そこで、近くの中学校の先生、中学校のおともだちと一緒に楽器を作ったというわけさ。

詳しい内容は、下のホームページを見てごらん

ホームページ:ふるさと通信/炭琴・和歌山県田辺市
炭琴演奏:山口公子(清水虔氏制作の炭琴)
CD:マリンバ&炭琴の調べ(YKCD001)