使い方: 300倍〜1000倍に薄めた木酢液を花や野菜の葉っぱ、茎、根元に撒布します。
効き目: 病気にかかりにくくなり、葉も厚くなって花や野菜が健康に育ちます。もちろん野菜はおいしくなります。
そのわけは: 木酢液には植物の栄養になるもの、植物の根を助ける菌の栄養になるものがたくさん含まれています。人間と同じように植物も元気な時は病気にかかりにくく、また,木酢液の栄養は野菜の本当の味を引き出すのです。
注意点: (1)濁った木酢液は絶対に使わないこと。植物が枯れてしまうこともあります。
(2)いきなり濃いものを使わないで始めは1000倍(1リットルのペットボトルに木酢液一滴をたらしたもの)くらいから始めて、だんだん濃くして植物を木酢液に慣らして下さい。
(3)植物ごとに使い方が違うのでよく調べてから使ってね。
リンク: 木酢液の用法と用量