遠赤外線とはコタツなどに使われ、物質を温めるためのエネルギーを伝える波のことを言うんだ。
図を見てごらん。ガスコンロよりも七輪のほうが遠赤外線が多いだろう。
遠赤外線は、温度が高くなり、熱を出す物の分子がゆれるほど多く放出されるんだ。
ガスは気体分子のためゆれにくく、同じ温度でも遠赤外線を出しにくいんだよ。
この遠赤外線が料理をおいしくする秘密さ。


ガスコンロの炎はかなり水分を含んでいるんだ。
ビデオを見てごらん。ガラスが水滴で曇っただろう。
これだと、表面がパリッと乾いたおいしい料理ができないんだ。


マキを燃やすとススが出るんだ。
ビデオのステンレスボールも真っ黒だろう
これから食べる料理がこんなに真っ黒だったら食べられないよ!


炭は熱の温度が高い低いに関わらず、乾燥した熱を出すのが特徴なんだ。
もちろんススも出ない。
表面がパリッとしたおいしい料理ができあがるぞ。