ハンガリーはヨーロッパだけど,実はマジャール人というアジアの血が混じった人たちが多くいる国なんだ。森林もまだたくさん残っていて,さかんに炭やきしてるよ。写真1の炭やきおじさんたちの顔を見て。なんだか親近感のある顔つきをしてるだろう?まあそれはいいとして,ハンガリーの炭やきは木を山に積んで(写真2),その上にわらと土をかぶせてやく方法だ(写真3が原木を積む前の準備の状態)。
【写真1】
【写真2】
【写真3】
原木はどんぐりのなる木やシデの仲間などが中心なんだ(写真4)。炭やきには絶好の種類だね。豊かな森の中で炭やきの煙が立ちのぼっている風景はもう最高だよ!
【写真4】
写真5は炭の取り出しが終わってかたづけているところだ。写真6のできあがりを見てみると,断面が輝いているのもあるし,輝いていないものもある。輝きがあるのはよくやけている証拠だ。この炭は主にドイツに輸出されていくんだって。ハンガリーはドイツとの関係が深い国なんだ。ドイツ語のできる人は多いけど、英語ができる人は少ない。今度旅行に行くときはドイツ語を勉強して、もっといろんな話を聞くぞぉ!
【写真5】
【写真6】